« +応用生物学部IM+私の研究室を紹介します! | トップページ | ▲応用生物学部りいと▼私の研究室を紹介します! »

◆コンピュータサイエンス学部まい◆私の研究室を紹介します!

|

こんにちは、CS学部4年のまいです。

今回は、私とみさきちゃんが所属している「手塚研究室」を紹介します。
公共情報システムとセキュリティ研究室』が正式名称です。

理系と文系の違いといえば、やっぱり研究室の存在が大きいかなぁと思います。

CS学部の研究室の特徴といえば、
新しいことを自分で見つけ、新しいものを作り上げて世に生み出す
ことでしょうか。

生み出すものは、システムだったり、ルールだったり、

ロボットだったり…研究室で様々です。

東京工科大学のCS学部では、1・2年次に基礎的な技術や知識を学び、
3年生の後期には所属する研究室を選びます。

本格的な研究は4年生から。
9月に中間発表があり、年が明けた2月に卒業論文を発表します。

研究室は本当に多種多様で、ネットワークを構築している研究室もあれば、
新しいビジネスを考えている研究室、作曲するロボットを作っている研究室や
コンピュータを使って人間の脳の感じ方を再現しようとしている研究室もあるんですよ。

そんな中、「手塚研究室」ではセキュリティをメインに、
私たちの日々の生活を便利にするための研究を行っています。

4年生18人+院生4人の総勢22人のメンバーが、
手塚先生をはじめ、星先生、日立製作所や鈴木電機の方にご指導をあおいでいます。
(10月から新たに3年生18人が仲間入りしました!)

研究内容は、

 ●情報セキュリティ
 ●電子署名・電子認証
 ●電子政府システムに関する研究
 ●デジタルサイネージやアノトペンなど生活に密着した最新技術の応用

などなど、8つのテーマについての研究を行っています。

私は、アノトペンと呼ばれるデジタルペンを使った
被災地医療の情報共有システムについて研究しています。

また、手塚研究室では
8月に中間発表の練習と研究室の懇親会を兼ねた合宿を実施しています。

今年は新潟県の湯沢に行ってきました!
中間発表の練習は本当に緊張しました・・・。

写真は、合宿中のみさきちゃんの雄姿です!

05_4_1_2

手塚先生は残念ながらご都合で出席されませんでしたが、
星先生やみんなの前で研究の途中経過と計画を発表してアドバイスを貰いました。

その後はみんなで渓谷に遊びに行ったり、ホテルの温泉でゆったりしたり、
打ち上げをしたり…と、2泊3日の合宿を満喫しました。
星先生曰く、今年の盛り上がりは例年以上だったとのこと。

05_4_2

手塚研究室はその多彩な研究内容に加え、
メンバー同士の雰囲気がよく、ディスカッションや雑談(?)など、
会話を通して積極的にコミュニケーションをとるのが魅力です。
これからも学びと遊びのメリハリをつけた楽しい研究室にしたいですね。

高校生の方はまだ遠い未来の話と思われるかもしれませんが、
「研究」は大学に入学する大きな意義の一つだと思います。
とにかく難しいけど、だから楽しい。

充実した4年間を送るためには、
大学1年生から自分の興味がある分野や技術をあれこれ探して
吟味していくのも大切じゃないかな!

と、偉そうなこと言いましたが、
私が研究室と研究テーマを選んだ理由は、

 「家族に医療関係者が多いな」
  ↓
 「CS学部入ったけど、医療関係の仕事はないかな」
  ↓
 「医療機器?」
  ↓
 「電子カルテとかデジタルペンでやったら便利じゃない?」
  ↓
 「ん?デジタルペンならこんな使い方もできるんじゃない?」

という連想ゲームでした。
難しく考えず、好きなことを学んでいけば自然と巡り合うものかもしれませんね。

長々と書きましたが、
結論としては「理系に来たなら研究を楽しんだ者勝ち」。

バイトにサークルにと楽しいことはいっぱいあるけど、
大学では「研究」もぜひぜひ楽しみにしていてください。

以上、CS学部のまいでした。

« +応用生物学部IM+私の研究室を紹介します! | トップページ | ▲応用生物学部りいと▼私の研究室を紹介します! »