« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

おすすめの講義 [コンピュータサイエンス学部 riz]

|

こんにちは!
コンピュータサイエンス学部rizです(´・ω・)

今回はおすすめの講義を紹介するよ!

コンピュータサイエンス学部では、
自分が興味のある実験を履修して実践的に学ぶんだ。

その実験のなかでオススメしたいのは、
3年次のプロジェクト実習の「テーマP」\\\٩( 'ω' )و ///

普通は2年次に履修した実験の応用を3年次に行うんだけど、
それとは別に希望者はプロジェクト実習を履修することができるんだよ!

「テーマP」では、クラウドを用いたサービス提供を行うための技術と知識を、
1年かけてグループで学ぶの。

前期にサービスの構築に必要なプログラミングの知識を身につけて、
後期には価値のあるサービスを実際に提案するところまでやるんです!

Csko2_1

↑各々が課題をこなして知識をつけている様子

Csko2_2

↑グループでサービスを考えている様子

サービスの提案では、前期に学んだ知識を使って試作品を作り、
それをもとにユーザーにアンケートを行って、
その結果からサービスを改善していくんだ。

そして最終的には企業の方の前で発表を行って、
フィードバックを得られるの٩( 'ω' )و

こんな感じで「テーマP」では、
技術と一緒に価値のあるサービスの考え方を実践的に学ぶことができる。
講義は大変だけれど得られるものがたくさんあるよ!

プロジェクト実習は希望者の中から成績順に決まるから、
やりたいことをやるためにも日々の学業を頑張らなきゃいけない。

でも実践的で面白い講義はたくさんあるから、
楽しみながら乗り切ることができるよo(・ω・´o)

今回はこの辺で~( ˘ω˘ )

工科女子の受験体験 [工学部 はしこ]

|

こんにちは!
梅雨が明けて本格的な夏がやってきましたね!

八王子でも連日30℃を超える真夏日が続いています。
暑いです……(゜-゜;;)

今回は私の受験体験を書かせていただきます!

私は高校受験時にある種の達成感を得ていたせいで、
その先の目標が定まらず大学受験へのモチベーションは停滞気味でした。
いきなり言い訳をしてしまいました…。

国公立を第一志望にセンター試験の勉強を続け、
結果的に東京工科大学もセンター試験を利用して受験しました。
実家が地方にあり東京まで来るのは大変だったので、
このセンター試験利用型受験はとても助かりました。

勉強方法については、学校の教科書や準教科書を中心に勉強していました。
友達や先輩に紹介してもらった市販のテキストも使っていました。
工学部では物理の講義が多いので、当時のテキストは今でも重宝しています!

勉強にも部活にもあまり意欲的でない高校生でしたが、
高校時代に気になる大学を調べるだけでもやっておけば良かったなと
今さらながら反省しています。
大学進学後のイメージ作りになるし、やる気も湧いてきたのでは?

実は、入学するまで東京工科大学のことを全く知りませんでした。
私立大学のことは全くと言っていいほど調べていなかったので……。

入ったばかりのときは、色々と考えることもありましたが、
今ではサークルなどに所属することでたくさんの友達ができ、
毎日がとても楽しいです!
他にも東京工科大学じゃないとできなかったと思うものが数多くあります。

受験勉強は辛かったり大変だったりしますが、
今を頑張れば来年には楽しい大学生活が待っています!

受験生のみなさん頑張ってください!

7/16のオープンキャンパス [メディア学部 ひな]

|

こんにちは、メディア学部2年のひなです!

みなさんはもう夏休みですかね?
私はこれからテストです(><)

今回は7月16日に八王子キャンパスで開催された
オープンキャンパスを紹介しようと思います!

東京工科大学のオープンキャンパスではゲームが遊べます!

今年の東京ゲームショウに向けて3年生が制作しているゲームや
4年生の卒業制作などが展示されています。
誰でもプレイできるので、遊びに来るだけでも楽しいですよ!

ゲームを作っている私達にとっても
作ったゲームに対して意見や感想を貰えるのはうれしいです。

少しでも興味のある人はぜひぜひ来てみてください。
八王子キャンパスの広さにびっくりしちゃうと思いますよ(笑)

オープンキャンパスは大学の雰囲気が分かり入試相談もできるいい機会。
まだまだやっていますのでぜひ来てくださいね!


ここからは、7月16日に開催されたオープンキャンパスの
メディア学部ブースの様子をフォトレポートします!

Msmo4_1

■片柳研究所4階のCTCの様子

Msmo4_2

■岸本研究室の展示
学習ゲームがたくさんあります!

Msmo4_3

■4年生の制作した「TICK TACK CHEVY」です
いろんな賞を取ってるすごいゲームです

ここから先は東京ゲームショウに向けた3年生のゲームです!

Msmo4_4

■チームの終末真紅「ElectriCity」
プラグを刺して町の電気を取り戻します!

Msmo4_5

■チーム超ハピネスの「風来坊かまさぶろう」
可愛いキャラが竜巻を起こす豪快なアクションゲームです

Msmo4_6

■チームCtrl+sの「救炎妖精マッチ」
死にながらも困ってる人の所へ向かうゲームです

Msmo4_7

■チームMagi@の「MAGIC OVERLAY」
VRです!ぐるぐる魔法陣を書いて戦います


他にもまだまだあるのですが、今回はこれくらいで。

ちなみに、私は今回のオープンキャンパスで
模擬授業のプレゼンをしました!

今年で2回目なんですが、それでも緊張します。
100人くらいの前でプレゼンをする機会はあまりないのでドキドキでした。

自己紹介![コンピュータサイエンス学部 riz]

|

はじめまして!
コンピュータサイエンス学部4年のrizです!
これから半年ほどブログを書いていくよ(`・ω・)

今回は初回なので自己紹介を!

私はコンピュータ・ソフトウェアコースに所属しています!
他にはシステムエンジニアリングコース、ネットワークコース、
応用情報コースがあるよ!

コンピュータサイエンス学部では1年次に基礎を学んで、
2年次からコースに分かれて専門性を高めるんだ!

コンピュータ・ソフトウェアコースではプログラミングはもちろん、
OSやセキュリティ、Webとか、コンピュータシステムを構築するのに
必要な知識を幅広く学べるよ٩( 'ω' )و

また3年生の夏にそれぞれ研究室に入るんだけど、
私は田胡研究室に決めたの(๑ÒωÓ๑)

「オープンソースソフトウェア研究室」っていう名前なんだけど、
面白いものなら何にでも挑戦していく研究室ですよ!

クラウドの開発もしていて、
毎日8000人もの在学生が使用するクラウドの運営もしているよ٩( 'ω' )و

Csko1_2

こんな感じで実践的に学べて楽しいよ(`・ω・´)

今回はこの辺で~( ˘ω˘ )

お気に入りの授業 [工学部 はしこ]

|

こんにちは!
工学部 機械工学科はしこです!

最近暑い日が続きますね。

湿度も高いのでついつい冷房を付けてしまうのですが、
体温調節が上手くいきません……。
もうちょっと過ごしやすい気候になって欲しいです(´;ω;`)

今回はお気に入りの授業を紹介させていただきます!

私はものづくりなど自分で手を動かす作業が好きなので、
“機械工学基礎実験”という授業がお気に入りです!

名前の通り実験を行う授業で、グループに分かれて
数値を測る実験、電子回路を組み立てる実験、加工実験の
3つの実験を行います。

数値を測る実験では、
流体力学に関連した流体の粘性係数や、熱力学に関連した定積、
定圧での条件下における気体の変化を調べたりしました。

電子回路を組み立てる実験では、
まず組み立てた回路から電流値や電圧値を測定し、
最終的にはロボットに回路を繋いで
決められた道順で走行できるかの実験をしました。

そして加工実験では大きな機械を使って金属を加工したり、
熱や力を加えて金属の強度を調べたりします。

私は加工実験が一番楽しかったです!
最初、大きな機械を使うことに腰が引けましたが、
逆に慣れると自分が大きな機械を使っている感覚が爽快でした!
ただ、暑い季節に長袖長ズボン姿で作業をするのは大変です……(;^ω^)

機械工学基礎実験は前期の授業ですが、
後期からは機械工学科では他学科より一足先に
コーオプ実習が始まります。

現在は就業先の企業に失礼のないようマナーを身に付けたり、
計画の立案、あとは必要書類などを準備しているところです!

中学生の時に参加した職業体験学習とは違い、
実際の企業に就業という形で8週間お世話になります。

楽しみな気持ちもありますが、
まだ自分の中で実習のイメージが掴めていないことと
働くことの責任で不安の方が大きいです。

でも、この経験は必ず将来に役立つと前向きに捉え、
今は目標として、コーオプ実習を通して将来のビジョンを固め、
自分にできることを見つけて取り組んでいきたいと考えています!

Esma2

高校生のときにやっておけばよかったこと [メディア学部 ひな]

|

こんにちは!メディア学部2年のひなです。

夏ですね!

いつも少しだけ季節が遅れてやってくるように感じる
ここ八王子でも暑くなってきました。

今回は受験体験を通して私が感じたことを書きたいと思います。

いざ大学生になってみて、
これは高校生の時にやっておけばよかったと思うことが2つあります。

まず1つ目はやりたいことを決める!です。

大学の授業は学年が上がるごとに専門性が増していきます。
もし選んだコースが「思っていたのとちがう!」となってしまうと、
学年は↑なのに、モチベーションは↓となってしまい大変です。

受験の前に、まずは一度自分のやりたいことを
しっかりと考えてみるのも良いかもしれないです。
夏休みにはオープンキャンパスがあるので
行ってみるとやりたいことが見つかるかもしれないですよ!

そして2つ目は基礎の勉強をしっかりと!です。

大学生になっても英語や数学などの授業はあります。
やりたいことに邁進するためにも、
基礎科目をしっかりおさえておくことをオススメします!

また、自分なりの勉強方法を見つけておくといいですよ!
私は紙を使わずホワイトボードを使って勉強していました。
解答に至る過程が重要な数学や物理では役立つと思います。

以上の2つが大学生になってみて
高校生の時にやっておけばよかったと思うことです。

受験勉強は大変だと思いますが、この夏が有意義になるといいですね!
がんばってください。

ちなみに…
忘れ物にはご注意を!

私は東京工科大の一般受験2日目に受験票を家に忘れました!
受かってよかった本当に(笑)

以下は、とある一週間の私のスケジュールです。
入学後のご参考に。

Msmo3_2


わたしの受験(?)体験記 [応用生物学部 まりちゃん]

|

こんにちは!応用生物学部2年のまりちゃんです(o^^o)

今回は受験体験記、ということなんですけれども…
あまり参考にならないと思うのでさらっと読んでください(笑)

というのも、わたしはAO入試で入学したからです。

当時のAO入試の試験内容は遺伝や進化に関する講義を聴き、
その後の面接で講義内容についての質問に答えたり、
志望動機や高校の頃頑張っていたことをお話しする、というものでした。

対策としては、高校や塾の先生と面接練習を何回もしました。
同じ先生と練習するのではなく、なるべくたくさんの先生と練習をし、
違ったアドバイスを頂いていました。

学部に合わせて、生物や化学の先生と練習するのはとても参考になりました。
わたしが志望動機で伝えたかったことをうまく言い換えてくださったり…!(笑)

合格を頂いたのが秋くらいだったと思いますが
その後もセンター試験や一般入試を受験するつもりで勉強は続けていました。

なぜかというと、応用生物学部は一般入試の倍率がとても高いのです。
つまり一般合格で入学する人たちはそれだけレベルが高いことになり、
入学後はわたしもそういう人たちと机を並べることになりますので…(笑)

入学した今、苦労することもたくさんありますがここまで頑張れています。
なにより自分のやりたいことを、同じ目標の友達と一緒に目指せる
この環境にいられることがとても嬉しいです(*^^*)
やっぱり自分が1番やりたいことができる環境が楽しいですから。

行きたい大学を考えるとき、いろんな入試の方法があるので
考えてみるのもひとつの手かな~とわたしは思います。
具体的に説明できていなくてすみません…(笑)

勉強を頑張っているみなさん、たまに息抜きしながら、
夢に向かっていってくださいね! 応援しています٩( 'ω' )و

そして私事ですが、先日受験した化粧品検定に合格しました!(笑)

自分の好きなことを勉強するのはとても楽しいし、
試験を経験することはとても刺激になります。

秋の検定では1級合格を目指して頑張るのでみなさんも共に頑張りましょ~

Bssi3

まりちゃんでした♡

自己紹介![工学部 みつ]

|

こんにちは!

今回から工科女子Blogを担当させていただくことになりました、
工学部応用化学科3年のみつです。

これからブログをさせていただくにあたって
まずは私のことを知ってもらうために軽く自己紹介をしたいと思います。

私は東京都の出身で、毎朝自宅から電車を乗り継いで大学まで来ています。
電車の乗り換えが多くて、大変です…(;´・ω・)
そんな中でも頑張って通えているのは、大学が楽しいからに他なりません!

友達に会ったり、サークル活動をしたり、充実した日々を送っています!!

そんな私ですが、実はつい最近まで
東京工科大学工学部の独自カリキュラムである「コーオプ教育」の一環として
「コーオプ実習」というものに行っていました。

「コーオプ教育」とは大学の授業と大学外での就業体験を組み合わせた
教育プログラムのことで、大学と企業の密な連携がベースになっています。
このプログラムのメインとなるのが、
学生が約2か月間実際の仕事現場で就業を行う「コーオプ実習」です。

いわゆるインターンシップのようなものですが、
普通のインターンシップとは大きく異なる点が2つあります。

1つ目は、あくまで主導は大学側にあり
勤務内容の調整や事前教育を大学側が担う点。

2つ目は、実習とはいえきちんと学生に賃金が支払われる点です。

企業側も賃金を払う以上、実習生を学生扱いすることなく
実践的な作業を任せてくれるのでとても貴重な体験をすることができました。

普段はアルバイトをしている私ですが、
任せられる仕事の責任の重さや実際に働く現場の雰囲気など
このコーオプ実習でより強く感じることができました。

このコーオプ実習は実学主義を謳っている東京工科大学だからこそ
実現し得た特別なカリキュラムであり、
私が大学を決めるうえで注目していた点でもあります。

このコーオプ実習の他にも、「サステイナブル工学」という
これもまた東京工科大学工学部独自の学びがあるのですが、
それはまたの機会にお話ししたいと思います。

以上、みつでした!

Esso

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »