« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

大学の期末試験 [工学部 メグ]

|

こんにちは!
工学部メグです。

今回は大学の期末試験について書きたいと思います。

私が高校生の時、大学生の試験のイメージとして持っていたのは、
ものすごく大変!で難しい!というイメージでした。

いざ、大学生になってみるとイメージ通りでもあり、
そうでないものもありました。

その違いは、資料が持ち込めるテストが存在することなんです!!
科目によっては無いですが、A4の用紙1枚に書き込めるだけ書きます!笑

Essa7

写真にあるように、小さい字で、
たまにはカラーペンを使うことでテスト本番でも分かりやすいようにしています。
自分さえ分かればいいので、好きなように書けますね!

だからといって持ち込み資料に頼りきりでは、テストで高得点は狙えません。
習ったことを参考に応用問題に取り組まなければなりません!
そこが大学生らしいところだと私は思っています。

高校と同様に中間テストがある科目もあるので、
毎週コツコツと勉強しないといけないのは変わりませんね。

そして、筆記テストだけではないのが大学生の試験です。

プログラミング基礎という科目では、テスト当日に課題を与えられ、
時間内にプログラムを作るのがテストになっています。
日々取り組んだ努力が出し切れるか、とても緊張した覚えがあります笑

そして、学部・学科の先輩にテストの傾向を聞くのは、
とても重要であることを強く言いたいです!笑

大学の期末テストってどんな感じ? [メディア学部 ぽんゆず]

|

メディア学部ぽんゆずです!
10月になって増税で生活が圧迫されています……

今回は大学の期末試験について教えます♪

Mssu7

高校までの期末テストとの一番の違いは、
持ち込み可能な科目が多いことだと思います!
持ち込めるものは科目によって違うのですが、
紙資料だったり、パソコン、ネットで検索してもいい場合もあったりします!

科目によって事前に準備しておくことが変わってくるので、
学内サイトで発表される時間割は必ず確認しておくことが重要です!!
資料持ち込み可能だとしても重要なポイントだけは暗記をしておくと、
資料内から探す時間を省略することができるのでオススメですよ!

試験の時間割は学内サイトから確認できます!
普段の授業とは違う教室で実施される場合があるので要チェックです!
また、普段の大学の授業は90分間なのですが、試験は60分間!
そのため普段の授業より早く帰れますよ(*'▽')

単位を取るために期末試験は避けて通れない道なので、
ぜひ自分流の突破法を見つけてください(´▽`*)


大学の期末試験 [工学部 チャミコ]

|

こんにちは!チャミコです。

まだ気温が高い日もありますが、すっかり秋の気配ですね。
1年生は、いよいよ専門科目の授業が本格的に始まって
難しいと感じている頃かもしれません。

私が所属する工学部の応用化学科でも、
苦手な人が多い有機化学の授業が1年後期から始まります。
後輩たちのために、化学サークルでは勉強会を開催して、
みんなで理解を深めていますよ!

さて、今回皆さんにご紹介するのは「大学の期末試験」についてです。
単位が取れるかが決まる試験でもあり、
きっと皆さんも興味がありますよね?

大学の期末試験って、どんな感じなんだろう…。?
高校までと違いはあるのかな…。
そんな疑問を抱いている方もいると思うので説明していきますね。

まず、基本的にやることは変わりません。
授業をしっかり受けて、テスト勉強をして、テストに挑む。
これは高校まででもやっていることですよね。

ただ、テスト勉強の仕方に注意が必要な場合があります。

というのも、大学では教授によって授業のスタイルが異なります。
教科書を使う場合もあれば、パワーポイント資料や板書のみで進めたり…。

特に、先生独自の資料や板書のみの授業の場合は、
毎回の授業でしっかりノートを取り、深く理解することが必須になってきます。
テスト前になって、授業中寝ていたからノートが取れていない…!
配られたプリントの数式の意味がわからない!となると困りますよね。

また、テストに出題される範囲というものがありますので、
先輩に傾向を聞くなど、事前に情報収集することもおすすめします。

それでは、今回はこの辺で。次回もお楽しみに!

Esmu7

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »