« 2022年1月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年4月

私にとっての東京工科大学[メディア学部 めろん]

|

こんにちは、めろんです!

今回のテーマは「私にとっての東京工科大学」です。

私のブログはこれで最後になります。

 

このテーマはとても難しくて悩みました。

いつも言っている気がしますが、

「同じ志を持って将来を夢見ている友達ができる場所」だと思います。

この大学に来て、友達と協力し合い作品を作ることで有意義な時間を過ごしているし、お互いを高めあいながら成長できているように感じます!

高校の時とは違うみんなが同じようなものを目指しているので、将来の話をするのがとても楽しいです!

 

また、メディア学部ではCG・音楽・ゲーム・デザイン・SNSWeb・電子工作などメディアに関する幅広い分野が学べるので、やりたいなと思ったことをすぐ始められる環境にあるのが私の大学生活の充実していることにつながるような気がします。

ほかの興味持ったことに抵抗を感じることなく挑戦でき、自分に何が向いているのか見つけることが可能です!

まだ、将来何をやりたいのか決まっていない人もメディア学部で様々なことに挑戦して、本当にやりたいことを見つけるのもアリかもしれません。

おすすめです。

 

あと卒業まで2年ほどありますが、これからの友達と高めあいながら自分の好きなこと・得意なことを伸ばしていきたいと思います。

この写真はお友達と新入生歓迎会の際に撮影したものです(^^

0414_02

 

研究紹介[メディア学部 めろん]

|

皆さん、お久しぶりです!めろんです

今回のテーマは「研究紹介」です!

 

メディア学部では、3年生の後期から卒研室配属になるので、まだどんな研究をするのは決まっていません。

ですが、メディア学部には「先端メディアゼミナール」という授業があり、少人数制で研究に近いことをできるものがあります。

私はその授業を2年後期で受けていたので、今回はその授業で行った研究を紹介します!

 

私は今までCGばかりやってきたのですが、最近は電子工作やメディアアートにも興味を持ち始め、先端メディアゼミナールではCGではなく、それらの授業をとってみました!

メディア学部はいろんな分野を学べるので、興味を持ったらすぐ試すことができるのがいいところですよね♪

 

そして、その授業で「動く洋服」を制作しました。

この作品は、対人関係で生まれる感情の葛藤や息苦しさなどの負の感情を、継ぎ接ぎされた服の伸縮によって表現したものです。

同級生と2人で共同研究でしたが、試行錯誤して作っていく過程がとても充実していて楽しかったです。

始めて学会にも出させてもらい、他の人の研究を知ることもできたのでいい経験になりました!

今回はオンラインでしたが、コロナが終息して、対面の学会にも出てみたいなと思いました。

0414

« 2022年1月 | トップページ | 2022年6月 »