工学部

私にとっての東京工科大学 [工学部 みき]

|

皆さんこんにちは。
工学部機械工学科二年のみきです。

1年ほどブログを書かせていただきましたが、
今回のブログが最後になります。

最後となる今回のブログでは
私にとっての東京工科大学について話したいと思います。

やっぱり私にとって大学生活の思い出といえば
「ロボコン」これに尽きると思います。

大学に入る前はロボットに関する知識がないどころか
プログラミングすら書いたことがなかった私が、
ロボコン2018年大会では手動機を制御するメンバーとして参加し、
2019年大会では四足歩行ロボットの制御を担当しています。

自分がロボットを制御するなんて想像もしていませんでした。
ロボコンに入りたてのときも私には出来ない、無理!と思っていましたし。
正直今でも難しいことはよくわかりませんが、
それでも過去の自分と比べたらできることが格段に増えました。

実践的なロボコンから学ぶことは本当に多いです。
東京工科大学に入らなかったら、プログラミングは書けないし、
ロボットの制御なんてできなかったんじゃないかと思います。

なんだか卒業文集のようになってきました。

長くなりそうなのでここまでにしておきますが、
東京工科大学のロボコンについてもっと知りたい方は
ぜひオープンキャンパスにきて現役生とお話ししてみてください。

そんなロボコンの現在ですが、
先日提出した2019年大会の一次ビデオ審査の結果待ちという状況です。
一次が通過したら次は二次ビデオ審査が待っています。

二次ビデオ審査も通過できるように、
さらに本大会では優勝できるようにより一層頑張っていきます。
応援よろしくお願いします!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Esna10

冬限定のキャンパスオススメスポット [工学部 みき]

|

みなさんこんにちは。
工学部機械工学科2年のみきです。

気が付いたらすっかり冬ですね。
というかあっという間にもう12月です。

寒いのは苦手ですが、
冬の空気とか街の雰囲気とかが私は好きです。

さて、タイトルにもありますが
今回は冬限定のキャンパスオススメスポットを紹介しようと思います!

Esna9

なんと大学にクリスマスツリーが設置されました!
(毎年恒例のようですが(笑))

ちなみに夜になるとライトアップしますよ。
もし冬に東京工科大学へ来ることがあれば
ぜひクリスマスツリーと写真を撮ってインスタ映えしてください…(笑)

前回のブログでもコーオプ実習についてお話ししましたが、
2カ月間の実習が無事終了しました。

実習内容は企業によって全然違うのですが、
私は基板の製造過程のお手伝いをさせていただいたり、
プログラミングの勉強をさせてもらったりしました。

基板の製造のお手伝いもとても勉強になったのですが、
特に楽しかったのはやっぱりプログラミング!

与えられた課題をクリアするために自分なりにプログラムを書いたり、
今までもチャレンジしてみたかったけど一人ではできなかったことを
実習先の担当者の方に助けてもらいながらトライしてみたりしました。

実習先の企業のみなさんがとにかく優しくて
質問をするとなんでもニコニコ教えてくれるのが印象的でした。

思い通りに動作するプログラムが書けないことが多いので
プログラミングが嫌になることもしばしばある私ですが、
もっとのびのび楽しみながらプログラムを書くことを心がけようと
今回のコーオプ実習を通じて思いました。

おまけで書くはずだったコーオプ実習についての内容が
思いのほか長くなってしまいましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

研究室について [工学部 みき]

|

みなさんこんにちは。
工学部機械工学科2年のみきです。

今回のブログテーマは研究室についてです。

東京工科大学の機械工学科では
3年生になると研究室の配属があります。

当然適当に割り振られるわけではなく
どの研究室に入りたいか事前に調査があるようです。

研究室には定員がありますので、
必ずしも志望通りの研究室に配属されるとは限らないわけですが、
東京工科大学には魅力的な研究室が多いので心配ありません!

私の友人は中学生のときにある先生が作ったロボットを見てから
その先生に憧れて東京工科大学に入学したらしく、
憧れの先生の研究室に絶対入りたい!と勉強を頑張っています!

私はまだ2年生なので研究室配属は来年の話なのですが、
今からどの研究室がいいかな~と悩んでいます。

ちなみに私がロボコンを始めたきっかけは、
東京工科大学にはロボット系の研究室が多いにも関わらず
自分にはロボットについての知識や関心がなく、
実際に作ってみたら興味を持つかもと思って始めてみたのでした。

入学当初はやりたいことが明確でなかったとしても、
どんなことにも積極的に取り組んでみてください。

大学にはチャンスがいっぱい転がっていますから
きっと挑戦してみたいこと思うことが見つかるはずです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Esna8

工科大インスタ映えスポット [工学部 千佳]

|

千佳です!

秋も深まってきましたね!
秋といえば皆さんは何を想像しますか?

◯◯の秋という言葉は沢山あるので色々とあるかと思います。
スポーツや読書、食べ物など…秋は楽しみが沢山ありますね!

私は秋と聞くと真っ先に紅葉が思いつきます!
そんな秋にオススメのスポットが工科大にはあるんです!

それはこちら!

Esmo5_1

正門から入ってすぐの場所にある立派なイチョウ並木です!

まだイチョウが染まっていませんが間もなく見頃になると思います!
銀杏くさいのが少し難点ですが…(笑)

見栄え、インスタ映えバッチリですよ!

もう少し秋が深まるとイチョウのカーペットが出来て
こんなインスタ映えな写真も撮れますよ!

Esmo5_2

(この写真は去年撮りました)

ぜひ皆さんも工科大のインスタ映えスポットに来てみてください!

大学の期末試験 [工学部 みき]

|

みなさんこんにちは。
工学部機械工学科2年のみきです。

今回のブログテーマは大学の期末試験についてです。

大学の試験って高校の試験とどう違うんだろう?
と疑問に思っている高校生も少なくないと思います。
基本的にはそんなに違いはないと思いますが…。

大学の期末試験では、
教科書やノート、電卓の持ち込みを許可されている場合がある
というのが最も大きな違いだと思います!

高校では習った内容をどれだけ覚えているかが大切ですが、
大学は講義内容をどれだけ理解しているかを
重要としているからだと思います。

ノートを見ながら試験なんて余裕!
と思うかもしれませんが、案外そうでもありませんよ。

高校の授業では先生が黒板に板書をして
それをノートに写す形式が多いわけですが、
大学の講義では板書をほとんどせず、
20~30枚近くある講義スライドを使用して授業を進めていきます。

講義資料をすべてノートに写すのは大変なので、
しっかり講義を聞いて何が大事なのか、
重要な点をノートに取る必要があります。

また、期末試験がない科目もあります。
どうやって成績がつくかというとレポートなどの提出物で決まります。
実験では毎週レポートを書くことになるので
これはこれで大変なのですが…(笑)

ちなみに今私はコーオプ実習中なので、
なんと2カ月間授業がありません!(笑)

コーオプ実習についてもブログで紹介しようと思っていますが、
興味のある方はこちらを参照ください。
https://www.teu.ac.jp/gakubu/eng/coop_edu.html

最後に、9/30に大学進学フェスタというイベントに
2018年のロボコンに出場したスローイングロボットを持って
スタッフとして参加してきました!

Esna7

高校生のみなさんに、
少しでも東京工科大学に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

サークル![工学部 るてっと(電々女子)]

|

皆さん初めまして!

今月のブログを担当させていただく電々女子2年の一人、
るてっとです。

さてさて、前回の予告通り
今月はサークルについて話したいと思います。

先日、8月22日にこの大学の敷地内にある
メディアホールという場所で音楽祭が行なわれました!!

ということで皆さん、もうおわかりですね?
今回は大学での数あるサークルのうち
音楽系サークルに焦点を当てていきたいと思います!

音楽系サークルと一口に言っても
この大学には色んな音楽系サークルがあります。

まずは吹奏楽団「TUT-Winds」
その名の通り吹奏楽部にあたるサークルです。
大学でも吹奏楽をやりたい!又は始めたい!と言う方は是非こちらへ。

次は「クロイツェル室内楽団」
わかりやすくいうとオケですね。
クラシックや弦楽器に触れてみたい!と言う方こちらへ足をお運びくださいませ。

楽器もいいけど歌いたいなぁと思った方、えぇ安心してください。
そんな方には「赤平」をオススメします。
このサークル、楽器は一切使わず自分の声だけで音楽を表現します。
まさにアカペラ!

そろそろバンド系のサークルはないのかな?と思った人が出てくるでしょう。
安心してください勿論ありますとも。
バンド系の花形といったらやはり軽音楽部ですよね。
この大学にもありますよ、名前は「K-ON」となっております。

そしてバンド系のサークルは実はこのK-ONだけじゃないんです。
「Sound Genesis」というサークルもあります。
このサークルは少々変わっておりまして
バンド班、DTM班、シナリオ班の3つに分かれています。
このサークルでは作曲も行なっているそうですよ。

どちらも魅力的なサークルですので気になる方はチェックです!

popsとかでもいいけどジャズとかセッションとかやりたいなぁ、
というそこの貴方!その言葉を待っていました!!
そんな方には是非総合音楽部「Jacla」がオススメです!

このサークルではボーカル無し、インストをメインとした活動をしています!
先程紹介した赤平とは真逆の立ち位置ですね。
出来る楽器も幅広くギターやベースは勿論のこと
サックスやトランペットピアニカも出来ちゃうんです。
気になる人は是非お越しください!(入ってくれてもいいんですよ)

今回は色んな音楽系サークルについて紹介させていただきました。
気になるサークルはありましたか?

それではまた次回お会いいたしましょう!

Esden3

お気に入りの場所 [工学部 みき]

|

皆さんこんにちは
工学部機械工学科2年のみきです。

今回のブログテーマは東京工科大学のお気に入りの場所です!

以前同じブログテーマを書いたときは
東京工科大学の八王子キャンパスで一番大きな建物で
大学の象徴でもある片柳研究所棟について紹介しました。

今回はその片柳研究所棟から一番遠いところにある
研究所棟Cにある部屋の一室「108」について紹介します!

108は機械工学科の共通工作室です。

108にはworkstation(パソコン)や3Dプリンタ、
基盤加工機、レーザーカッターなどがあり、
これらの工作機械を自由に使うことが出来ます。

勿論私達ロボコンのメンバーもこの部屋を使用させていただいています。

さて、ブログテーマと少し話がそれますが、
8/4~8/26まで東京都千代田区にある科学技術館で
ロボコン体験ミュージアムというイベントが行われていまして、
私もスタッフとして参加させていただきました。

Esna6s

※詳しくは以下のブログをご参照ください。
http://blog.robocon.teu.ac.jp/blog/2018/08/post-7caf.html

私達が作ったロボットはNHK学生ロボコンに出場するためのものですが、
このようなイベントに参加することで本来の目的とはまた違った形で
いろんな人にロボットを操縦してもらえたり、
興味を持ってもらえたりしてよかったです。

「このロボット知ってる!テレビで見たよ!」
とロボットを覚えてくれている子どももいて、
次のロボコンに向けて頑張ろうという気持ちになれました。

次のNHK学生ロボコンのルールも発表されましたが、
皆さん応援よろしくお願いします!

課外活動 [工学部 みき]

|

みなさんこんにちは。
工学部機械工学科二年のみきです。

今回のブログテーマは課外活動についてです。

度々このブログでは紹介しておりますが、
今回も私が活動しているロボコンについて話したいと思います。

その前に…
今はもうロボコンに専念するためにやめてしまいましたが、
一年生の時は学生団体に所属してボランティア活動をしていました!

一年生から三年生までいろんな大学の人が集まり、
大学生だけでイベントを行ったり渉外を行ったりして
ボランティア資金を集めていました。

学内のサークルもいいですが、
学生団体はいろんな大学の人が集まるので
価値観の違った人がたくさんいてとても刺激になりますよ

そしてなにより団体の人で遊びに行ったり、
合宿もあったり、楽しい大学生活が送れます!(笑)

というように、学生団体に所属していたこともありましたが…
今はロボコンのみに所属しています。

他大学でのロボコンは部活動やサークルとして活動していますが、
東京工科大学は戦略的教育プログラムの一環として活動しています。

部活動やサークルとの大きな違いは、
活動費を大学に援助してもらえることです。

特に忙しい大会シーズンは、なかなかバイトも行けず
お金がない!という学生も少なくありませんが、
必要な部品は大学が支給してくれるので心配ありません。
整った環境下でロボットを製作することができますよ。 

部活動やサークルなど何かに所属すると
交友関係が広がり、大学生活もより楽しくなります。
これからもやりたいことに果敢に挑戦していきたいです!

最後に、学内のfoodsfuuで撮影したかわいい猫の写真です。

Esna5

夕方ごろfoodsfuuに行くと猫に会えるのですが、
とってもかわいくて癒されます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お気に入りの授業 [工学部 みき]

|

みなさんこんにちは。
機械工学科二年のみきです。

今回のブログでは東京工科大学のお気に入りの授業について紹介します!

工学部機械工学科の二年次の授業で「機械製図実習」という授業があります。
機械部品の図面の書き方を学びます。

機械製図は書き方が規格で決まっていて、それに則って書かなければなりません。
その決まり事はかなり多いので全てを理解し、覚えることは難しいですが(笑)
実際に図面を描きながら少しずつ覚えています。

最近ではパソコンを使った製図が一般的ですが、
この授業では手描きで図面を描きます。(後半はパソコンでも書きますが)

ネジの製図では授業中に終わらせることができず、
結局授業時間の3時間と放課後や空き時間の5時間を費やし、
計8時間かけ図面を描き上げました!

追加点をもらうため人よりちょっと多く部品図を描いたので
こんな時間がかかりました…(笑)
図面を描くのは楽しいのであっという間に時間が過ぎます!

さて、前回のブログでも少しお話ししましたが、
6月10日(日)に行われたNHK学生ロボコンの結果ですが、
残念ながら予選敗退でした…

前日の練習では正常に動作していましたが、
当日は思わぬトラブルが相次ぎうまく動作しませんでした…

結果は満足いくものではありませんでしたが、
来年もロボコンに出場し今度こそ良い結果が残せるように
これからまた一年間頑張っていきます!

Esna4

お気に入りの授業 [工学部 千佳]

|

こんにちは!千佳です!

今日は私のお気に入りの授業について紹介します。

私のお気に入りの授業は実験です!
実験は理系の醍醐味の1つだと思います。

私は化学科なので、恐らくみなさんが思い描く実験のイメージに
1番近いのではないかな?と思います。
薬品や、フラスコなどを使って物質の合成などをしています。

特に印象に残っている実験は2年の後期に行ったアスピリンの合成実験です。
所謂、解熱鎮痛剤を作りました!
普段の実験は、基本的に実験手順がほとんど決まっています。
ですが、この実験は英語論文を読んで翻訳し、
実験手順を自分で考えなければなりませんでした。

まず和訳が大変でした。
専門用語なので、なかなか単語が分からず辞書を引きながら訳していきました。
また、なぜこのような割合で配合するのかなど
根拠を持って説明ができないと実験が始められないため、
疑問を一つ一つ解決して行くのが大変でした。
実験の手順的にはあまり難しくないのですが、失敗もしました(..)
ですが、苦労した分だけ完成した時にはとても達成感がありました!

実験は事前準備でノートを作ったり、
終わった後にはレポートを提出したりなど他の授業に比べたら大変です。
ですが、私はいろんな実験をしてみたいなと思い化学科に入ったので、
楽しい気持ちの方が大きいです!

実験は3年前期に無いため、座学ばかりです。
座っているだけってなかなか辛いですね…(笑)
後期になれば実験があるので、早く後期にならないかなぁと思っています。

実験ではありませんが、3年前期の授業で工学英語という授業があります。
ただ普通に英語を学んでいるだけでは触れることがない
化学的な専門用語を使った講義なのでとても勉強になります!

Esmo4_2

写真は授業前の教室です。

課題があるので、いつも早めにきて
課題のやり残しがないかどうかを確認しています!

より以前の記事一覧