工学部

サークル活動 [工学部 はしこ]

|

こんにちは!(*‘ω‘ *)

寒さが一段と増して、体調を崩し気味の方も多いのではないでしょうか?((+_+))

かく言う私も風邪を引きました……。
この寒さが続くと思うと今年の冬を乗り越えられるか心配です……( ;∀;)

今回は、サークルなど学業以外で
私が大学で行っている課外活動についてお話しいたします!(‘ω’)ノ

私は現在、二つのサークル二つの課外活動を行っております!(*^^)v

一つ目は「かくれんぼ的な。」というサークルです。
1年生のときから所属していて、具体的な活動としては、
「かくれんぼ」はもちろん、「尻尾取り」や「だるまさんが転んだ」などを
キャンパス内でやっております(*^^*)

もう一つは、「Event Layers」です!
ごく最近入ったばかりなのですが、その名の通り、
イベントを盛り上げることを目的に企画を作成し実行するサークルです!(‘ω’)ノ

私はコスプレが趣味で、実は1年生のときから、
このサークルが学園祭でコスプレしているのを見て気になっていました!
2年生後期からの参加では遅いかなーとも思いますが、
せっかく入ったサークルなので頑張っていきたいと思います!(/・ω・)/

また、私は課外活動も行っております!

一つ目は、この工科大でコピーダンスユニットを組んでおり、
先日の紅華祭でステージにもあがらせていただきました!(*^^)v

ダンスは全く経験がなく、練習についていくのも必死でしたが、
本番で踊れたことはとても楽しかったです!
これからも続けていきたいなと思いました!( ;∀;)

もう一つの課外活動もコピユニなのですが、
こちらは他大学の学生も参加しているものです。

これらの活動を通じて、自分のやりたいことは自分から動かないとできない
ということを学ぶことができました。(´_ゝ`)
高校生のときはやりたいことを自ら作り出すなんて考えてもいませんでしたから。

大学は、今までやりたくて仕方なかったことにトライできる理想の環境です。
そう思うだけで、これからの日々がとても楽しみです!( *´艸`)

Esma7


大学の期末試験 [工学部 はしこ]

|

こんにちは!
一気に寒くなりましたね(((゜-゜)))

早く布団を出さなきゃとは思いつつ、
押入れの奥から引張り出すのがめんどくさいなー、なんて思ってます(;‘ω’)

今回は「大学の期末試験」について書かせていただきます!

大学の期末試験は大体1週間から2週間の期間で行われます。
高校よりも長いですね(‘ω’)ノ
なぜ大体なのかというと、所属している学部や受講した科目などで
人によって受ける試験数が違うからです!(*’▽’)

試験は受講科目によって場所も時間も異なりますから、
事前に試験会場となる教室や開始時間をよく確認しておく必要があります。
大学のキャンパスは広いですから(;^ω^)

そして、忘れてはいけないのが試験勉強( ・`д・´)

講義によっては期末試験だけで成績が決まるものもあります。
ですから、日々の講義でしっかりノートを作っておかないと
試験前に膨大な試験範囲を振り返るのが大変なことになります(´;ω;`)

また、高校とは違って大学ではノートを持ち込める試験もあるので、
試験勉強におけるノート作りはとても重要なのです
(‘ω’)ノ

ちなみに、高校では期末のほかに中間試験があると思いますが、
大学では講義によってあったりなかったりします。
中間試験のない講義は、レポート提出やグループワークでの発表など、
そういった評価が成績に反映されるものが多いです!(――;)

さらに、なんと期末試験がない科目もあります!
実験や実習では、レポートなどの提出物で成績がつきます(‘ω’)ノ
とはいえ、毎週のレポート提出はなかなか大変な作業なので、
再提出なんてことにならないように頑張って書いています( ;∀;)
こうした試験を頑張って乗り切れば、あとは楽しい長期休みが待っています!
大学の長期休みは、宿題や課題が出ませんから!(’ω’*)≡(*’ω’)

長期休みでの計画をモチベーションに試験勉強を頑張れますね!(*’▽’)

Esma6

工科女子の夏休み [工学部 はしこ]

|

こんにちは!

涼しい風に金木犀の香りが混じってきて、
秋を感じるようになりましたね( *´艸`)

今回は工科女子の夏休みということで、
私が過ごした夏休みについてお話ししようと思います!

まず、私たち工学部の夏休みは、
例年8月の第2週あたりから9月の第2週あたりまであります!
祝祭日や学部の行事によって若干の変動はありますけど(*’▽’)

高校とは違って宿題がないので、
この長い休みを利用して旅行に行ったり、バイトをしたり、
資格試験の対策をしたりと有意義な時間を過ごすことができます!(^ω^ )

1年生の時はこの長い夏休みをどう使うか考えずに
怠惰に過ごしてしまったので、
今年はしっかり予定を組んで大好きなアニメの聖地にも行けましたし、
海にも花火大会にも夏祭りも行きました(*’ω’*)

Esma5_1

Esma5_2

ただ、この予定を立てるためにバイトも頑張りましたけど…笑

後期には実社会の現場に出るコーオプ実習がありますので、
今年の夏休みはその前の良い骨休めになりました!

後期も頑張ろうと思います!

工科大のランチ [工学部 はしこ]

|

こんにちは(o^―^o)
夏なのに涼しい日が多く、体調管理が難しいです(;’∀’)

今回は工科大のランチということで、
私がよく過ごすランチプレイスを紹介して行きます!

まず、工科大には学食コンビニがあり、
お弁当屋さんも来てくださっています。

コンビニはサンクスとヤマザキショップがあるのですが、
サンクスでは普通のコンビニと同じようにセールもありますし、
振り込みなんかもできます(^▽^)/
サンクスと同じ建物には牛丼屋さんやパン屋さんもあります!

それだけでなく、片柳研究所棟や図書館棟などに
定期的にお弁当屋さんも来てくださっていますヾ(*´∀`*)ノ
ミスドやクレープの移動販売もあるので、
私は軽食によく利用しています!

Esma4_2

やはり大学といえば学食ですが、
工科大では厚生棟という学食がメインの建物があります!

私はここでよくお昼ご飯を食べるのですが、
階ごとに学食の雰囲気が違うので食べられる量に合わせて
ご飯を食べに行けることがいいなと思っています( ´∀` )

なんと言っても値段が安い!ことが大きな魅力ですが、
唯一残念なのは焼き魚の和定食が不定期で
いつ食べられるのかわからないことです……(´;ω;`)

学食のおかげでなんとか栄養に気を付けられているのかなー
と思います(;^ω^)

あとこれは珍しいのですが、大学にマックがあります!
提供していないメニューもあるのですが、、
クーポンは使えます✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

Esma4_1

ポテトが安い日やツイストが食べたいときに
私もふらっと立ち寄って利用しています!

工科大のランチは他大学にはない個性的な施設が多いので、
食事に飽きないことが魅力だと思います!\( ‘ω’)/

私の勉強法 [工学部 みつ]

|

いよいよ夏本番!

公園の噴水で遊ぶ子供たちが少しだけ羨ましい
工学部応用化学科みつです。

既に多くの学生は夏休みに突入していることと思います。

夏休みといえば海や花火大会などの楽しいイベントが盛り沢山!!
けれど楽しい事ばかりでなく、特に受験生にとっては重要な時期です。

…という訳で、今回は私なりの受験勉強法をお話したいと思います。

理系教科の勉強をする上で重要な事は、
大きく分けて2つあると私は考えています。

1つ目は、基礎をしっかりと理解しておくこと
数学や化学、物理などでは特に大事なポイントです。

参考書や模擬試験などで「あっ、これに似た問題を見たことがある!」
と感じたことのある人は少なくないと思います。

知っているのに解けない、間違えてしまう、
それらの多くが、しっかり基礎ができていない事が原因です。

基礎と言ってもただ教科書の内容を丸暗記するのではなく、
自分自身の中できちんと理解しておく必要があります。

おススメなのは、友達に勉強を教えることです。
人に教えるには、原理や解き方を理解していないとなかなかできません。
人に教えられるようになってようやく基礎を理解したと言えるのです!

2つ目は、繰り返し問題を解いていくこと
これは理解した基礎をしっかりと定着させることが目的です。

私の場合は同じ問題集を繰り返し解くことをしていましたが、
1冊の問題集が終わったら新しい問題集を解いてみてもいいと思います。

以上が私の勉強法ですが、あくまでも参考程度に。

まずは自分に合った勉強法を見つけることが成功への近道です!!

Esso3

私のおすすめの授業 [工学部 みつ]

|

連日の強い日差しに日焼止めが欠かせません。
工学部応用化学科みつです。

突然ですが、皆さんは勉強が好きですか?

きっと多くの人たちは「あまり好きじゃない」と
回答されるのではないでしょうか。

そんな人たちにおススメしたい講義があります。
それは、以前に少しだけ触れたことのある「サステイナブル」の授業です。

サステイナブルとは持続可能な社会のことを言います。
持続可能な社会とは、環境を保持しつつ産業や開発を行っていける社会のこと。
つまり、産業などのために環境が犠牲になったり、
環境を保持する為に産業が衰退したり、
生活に不便や苦痛が生じたりしないように配慮する社会です。

 「環境との調和(Planet)」
 「経済の活性化(Prosperity)」
 「生活の質の向上(People)」

これら3つのPが共存していける世の中を目指しているのが
サステイナブルの講義です。

応用化学科では、サステイナブル化学概論、
サステイナブル応用化学、サステイナブル環境科学など
様々な視点からサステイナブル社会を目指す講義が行われています。

私はこの講義を受けて現在世界が抱えているエネルギー資源の問題や
地球温暖化についての理解が深まりました。

勉強が好きではない人の多くは
なぜ勉強をしなくてはいけないのか、勉強が何に役立つのか
というような疑問を持っているのではないかと思います。

けれどサステイナブルの講義の内容の多くは
身近な問題がテーマとなっています。
身近であるからこそ興味が持てますし、
また現状を正しく把握することで今後の課題も見えてきます。

化学物質や化学製品は私たちの生活を豊かにしてくれました。
しかしそれらを生み出す過程で枯渇してしまう程多くの
エネルギー資源を消費してきたのも事実です。

それによって引き起こされた環境問題の解決策を与えることも
化学の重要な役割なのです。

Esso2

工科女子の受験体験 [工学部 はしこ]

|

こんにちは!
梅雨が明けて本格的な夏がやってきましたね!

八王子でも連日30℃を超える真夏日が続いています。
暑いです……(゜-゜;;)

今回は私の受験体験を書かせていただきます!

私は高校受験時にある種の達成感を得ていたせいで、
その先の目標が定まらず大学受験へのモチベーションは停滞気味でした。
いきなり言い訳をしてしまいました…。

国公立を第一志望にセンター試験の勉強を続け、
結果的に東京工科大学もセンター試験を利用して受験しました。
実家が地方にあり東京まで来るのは大変だったので、
このセンター試験利用型受験はとても助かりました。

勉強方法については、学校の教科書や準教科書を中心に勉強していました。
友達や先輩に紹介してもらった市販のテキストも使っていました。
工学部では物理の講義が多いので、当時のテキストは今でも重宝しています!

勉強にも部活にもあまり意欲的でない高校生でしたが、
高校時代に気になる大学を調べるだけでもやっておけば良かったなと
今さらながら反省しています。
大学進学後のイメージ作りになるし、やる気も湧いてきたのでは?

実は、入学するまで東京工科大学のことを全く知りませんでした。
私立大学のことは全くと言っていいほど調べていなかったので……。

入ったばかりのときは、色々と考えることもありましたが、
今ではサークルなどに所属することでたくさんの友達ができ、
毎日がとても楽しいです!
他にも東京工科大学じゃないとできなかったと思うものが数多くあります。

受験勉強は辛かったり大変だったりしますが、
今を頑張れば来年には楽しい大学生活が待っています!

受験生のみなさん頑張ってください!

お気に入りの授業 [工学部 はしこ]

|

こんにちは!
工学部 機械工学科はしこです!

最近暑い日が続きますね。

湿度も高いのでついつい冷房を付けてしまうのですが、
体温調節が上手くいきません……。
もうちょっと過ごしやすい気候になって欲しいです(´;ω;`)

今回はお気に入りの授業を紹介させていただきます!

私はものづくりなど自分で手を動かす作業が好きなので、
“機械工学基礎実験”という授業がお気に入りです!

名前の通り実験を行う授業で、グループに分かれて
数値を測る実験、電子回路を組み立てる実験、加工実験の
3つの実験を行います。

数値を測る実験では、
流体力学に関連した流体の粘性係数や、熱力学に関連した定積、
定圧での条件下における気体の変化を調べたりしました。

電子回路を組み立てる実験では、
まず組み立てた回路から電流値や電圧値を測定し、
最終的にはロボットに回路を繋いで
決められた道順で走行できるかの実験をしました。

そして加工実験では大きな機械を使って金属を加工したり、
熱や力を加えて金属の強度を調べたりします。

私は加工実験が一番楽しかったです!
最初、大きな機械を使うことに腰が引けましたが、
逆に慣れると自分が大きな機械を使っている感覚が爽快でした!
ただ、暑い季節に長袖長ズボン姿で作業をするのは大変です……(;^ω^)

機械工学基礎実験は前期の授業ですが、
後期からは機械工学科では他学科より一足先に
コーオプ実習が始まります。

現在は就業先の企業に失礼のないようマナーを身に付けたり、
計画の立案、あとは必要書類などを準備しているところです!

中学生の時に参加した職業体験学習とは違い、
実際の企業に就業という形で8週間お世話になります。

楽しみな気持ちもありますが、
まだ自分の中で実習のイメージが掴めていないことと
働くことの責任で不安の方が大きいです。

でも、この経験は必ず将来に役立つと前向きに捉え、
今は目標として、コーオプ実習を通して将来のビジョンを固め、
自分にできることを見つけて取り組んでいきたいと考えています!

Esma2

自己紹介![工学部 みつ]

|

こんにちは!

今回から工科女子Blogを担当させていただくことになりました、
工学部応用化学科3年のみつです。

これからブログをさせていただくにあたって
まずは私のことを知ってもらうために軽く自己紹介をしたいと思います。

私は東京都の出身で、毎朝自宅から電車を乗り継いで大学まで来ています。
電車の乗り換えが多くて、大変です…(;´・ω・)
そんな中でも頑張って通えているのは、大学が楽しいからに他なりません!

友達に会ったり、サークル活動をしたり、充実した日々を送っています!!

そんな私ですが、実はつい最近まで
東京工科大学工学部の独自カリキュラムである「コーオプ教育」の一環として
「コーオプ実習」というものに行っていました。

「コーオプ教育」とは大学の授業と大学外での就業体験を組み合わせた
教育プログラムのことで、大学と企業の密な連携がベースになっています。
このプログラムのメインとなるのが、
学生が約2か月間実際の仕事現場で就業を行う「コーオプ実習」です。

いわゆるインターンシップのようなものですが、
普通のインターンシップとは大きく異なる点が2つあります。

1つ目は、あくまで主導は大学側にあり
勤務内容の調整や事前教育を大学側が担う点。

2つ目は、実習とはいえきちんと学生に賃金が支払われる点です。

企業側も賃金を払う以上、実習生を学生扱いすることなく
実践的な作業を任せてくれるのでとても貴重な体験をすることができました。

普段はアルバイトをしている私ですが、
任せられる仕事の責任の重さや実際に働く現場の雰囲気など
このコーオプ実習でより強く感じることができました。

このコーオプ実習は実学主義を謳っている東京工科大学だからこそ
実現し得た特別なカリキュラムであり、
私が大学を決めるうえで注目していた点でもあります。

このコーオプ実習の他にも、「サステイナブル工学」という
これもまた東京工科大学工学部独自の学びがあるのですが、
それはまたの機会にお話ししたいと思います。

以上、みつでした!

Esso

自己紹介![工学部 はしこ]

|

こんにちは!

工科女子BLOGを書かせていただくことになりました
工学部 機械工学科はしこです!

まずは自己紹介からさせていただきます(*^^*)

改めまして、工学部 機械工学科 二年のはしこと申します!
好きな科目は数学、得意な科目は国語(理系ですが)です!

実家が遠いため大学の近くで一人暮らしをしています。
一年生の頃はホームシックで毎日めそめそしていましたが、
今は友達もたくさんできて毎日楽しく大学に通っています!

私が所属する東京工科大学の工学部では、
持続的発展が可能な社会の実現を目指して
サステイナブル工学を学んでいます!

機械工学科と聞くと自動車やロボットなど
ものづくりをイメージする方も多いと思いますが、
それだけではなくてプログラミングや電気電子回路など
様々なジャンルを学ぶことができます。

ところで、私が工学部を選んだのは、
「車が好き!」ということが理由の一つです。

車といっても、最近はハイブリッド車や電気自動車のように
モーターで動く音の静かな車が主流ですよね。
そもそも、車に興味を持っている人が減ってきたように感じます。

でも、車の中でも特にスポーツカーが大好き!な私は、
ガソリン車特有のあのエンジン音をなくしたくない!

そこで将来は、燃費効率が良くて地球に優しく、
かつ、今の若い人にも興味を持ってもらえるような
格好いい車を作る仕事に携わりたいなあと思っています!

色々なことに興味があるので、
まだ選択肢の一つではありますけど。

大学での学修を通して
本当に自分がやりたいことを見つけていきたいです!

Esma